ほっかいどうナチュラルチーズ ホームチーズのタイプから探すエリア・工房名から探す

黒松内の四季をチーズにこめて
食の喜びを届けたい

チーズ工房 
アンジュ・ド・フロマージュ

 札幌でスイーツショップを経営していた西村聖子さんが「食の楽しさや喜びを共有できる場を持ちたい」と、賛同した仲間とともに平成23年に開設したチーズ工房&農場レストラン。チーズの製造は、約30年のキャリアを持つ三浦豊史さんと多彩な発想で新作に取り組む射場勇樹さんが担当。フレッシュやウォッシュ、ハードタイプなど、定番として約12種類のチーズを製造。さらに自家飼育のヤギの乳からつくるシェーブルチーズや、季節の果物や山菜をアレンジした創作チーズなど、年間で約25種類のチーズを生み出している。西村さんはスイーツづくりやレストランを運営し、食のフォーラムや音楽コンサート等も企画し、さまざまな交流の輪を広げている。「黒松内の清らかな大自然のもとで育まれた良質な素材を生かした製品の提供とともに、美味しい情報も発信していけたら」と西村さん。工房名は、フランス語で「チーズの天使」という意味。

チーズ工房 アンジュ・ド・フロマージュ

〒048-0136 
寿都郡黒松内町字赤井川114番
TEL 0136-75-7400 FAX 0136-75-7401
http://ange-seiko.com/fromage/

 



【主な商品】

  • ●黒松内のモッツアレラ
  • ●ねっぷ(セミハードタイプ)
  • ●リヴィエール ブラン(白カビタイプ)
  • ●ヴァッシュ ア リュイル(オイル漬け)
  • ●アミ(牛乳とヤギ乳*春〜秋限定)