ほっかいどうナチュラルチーズ ホームエリア・工房名から探す

幸せな牛のミルクで作る、
ここでしか味わえない風味

チーズ工房タカ

 夏は青草、冬は干し草を存分に与え、通年放牧というスタイルで牛を飼う牧場タカ。牧場入口には「幸せな牛のミルク」という看板が建ち、その自慢のミルクを使って、チーズを作っているのが斉藤愛三さん。新得の共働学舎でチーズ作りを学び、実家の牧場で工房を開いたのが2007年。「6年目にして、ようやく方向性が見えてきました。この土地ならではの味、うちの牧場のミルクの味を活かしたい」。フロマージュブランタイプの「白いチーズ/レタラ」は、ヨーグルトのような爽やかな酸味が特長。ジャムをかけてデザート風に、生野菜と和えてサラダにしてもおいしい。他に、ざるチーズ「ヤッコ」、青草の時期(5〜10月)だけ作られる「青草カチョ」が主な製品。季節に伴う味の変化が楽しめる、ここでしか味わえないチーズを追求している。

チーズ工房タカ

〒044-0461
虻田郡喜茂別町字中里2-7
TEL・FAX 0136-31-3855
営業時間11:00~17:00/定休日 水・木


【主な商品】

  • ●白いチーズ「レタラ」
  • ●ざるチーズ「ヤッコ」
  • ●ひょうたんチーズ「青草カチョ」